Debris from a comet
彗星の塵のようにちっぽけなチラシの裏ブログ
2017/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/11


--/--/--(--) スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009/04/30(木) ゲーム
バイオニックになれ
BCdemo01
1週間も我慢できなかったので北米ゴールド取得してBionic Commandoのデモ落としてきた!
タイトル画面で流れる曲が例の曲のピアノバージョンだ!
ゲーム本編の雰囲気とちょっと…いやかなり違うような…いや、アレンジ自体は有りだけど
因みにこれデジカメ撮影ね、ゲームしながら撮るのって大変
キャプ環境?そんなものはない

BCdemo02
Liveに繋ぐとこの画面で部屋の検索を開始
…ちゃんと日本語化されてるね、これは日本でもデモが来るって事なのかね?

今回はデスマッチルール、マップはバーディゴ、人数は8人で、時間は5分間
デモ版だけだろうけど、自分で部屋が立てられず、しかも部屋を選べないってのは結構不便
マッチングに時間がかかることもあるし、場合によってはゲーム不成立になっちゃうし
これはフレと遊ぶのは製品版が出てからだね

BCdemo03
ワイヤーを引っ掛けられる場所ではマーカーが青くなり、LTでワイヤー射出
正確に合わせなくてもオートで引っ掛かってくれるので思ったより難しくなくて一安心
LTで引っ掛ける→振り子運動中にLT離して飛ぶ→すぐにLT押しっぱなし→オートで引っ掛かるのでかなり簡単にターザンごっこができて楽しい
ワイヤーの射程もかなり長く、よっぽどの事がない限り引っ掛かってくれるので空中ではLT押しっぱなしが基本
一定以上の高さから地面に落下する際にYボタン(通常はヘビーパンチ)を押すと「降り注ぐ死」という特殊攻撃ができ、上手くいけば落下地点に固まった敵を一掃できる
ワイヤーは障害物以外に敵自身に引っ掛けることも可能で、引っ掛けた後ワイヤーを引き寄せてジップキックをかまして吹っ飛ばしたり…コレで敵を倒すと結構高得点だった

BCdemo04
上の画像ではちょっとカメラが寄ってるけど、普段はこれ位
ロスプラよりもちょっと引き気味かな、キャラもちょっと小さい感じ
射撃は走りながらでもエイム補正で俺みたいな下手っぴでも結構当たるね
よく当たるって事はよく当てられるって事でもあるけどな!
補正のおかげでショットガンがかなり強く感じた

BCdemo05
遠くにホテルが見えるけど、並んでる看板の端っこって…

BCdemo06
やっぱりペプシだー!!
なんだこれ、もしかしてキャンペーン中にもペプシ飲んだりするシーンがあったりするのか?
それとも、オンラインのゲストキャラクターにペプシマンが…なにそのファイティングバイパーズ

BCdemo07
デモ終了時に出る画面、ここもしっかり日本語化されてる
マルチプレイヤー16人って書いてある…e-CAPCOMの製品情報じゃ8人、以前見た箱通の記事には10人と書いてあったんだけど、どれが本当なんだよ!?
一番下の5月ってのは北米版の発売月ね

比べちゃならんってのは分かってるけど、先日トレーラーが公開されたロスプラ2に比べるとどうしても見劣りしちゃうね
エイム補正は俺みたいなヘタレにはありがたいけど強すぎるとも感じたし、冷静に見ると大味な部分がチラホラと…まぁデモ版は結構前のバージョンだったりする事もあるから、製品版はここからどれだけ作りこめたかに期待って所かな

ここからは余談
以前作ってた北米タグをゴールド化しようとしたら「状況コード:8015d080」のエラーが出ちゃってね、調べてみたらゲーマータグの管理の一部にWindows Live IDを使ってて、一定期間サービスを利用してないとパスが削除されてゴールド化が不可能になってしまうという事態になるそうな
仕方ないので新しく北米タグ作り直してゴールド化したよ!
最初、RRoDのお詫びで貰ったゴールドを使おうとしたらこのエラーが出て、その時は「ああ、このプリペイドカード日本語で書かれてないけど、やっぱり海外じゃ使えないのか」と早々に諦めて結局ヤフオクで1ヶ月ゴールドを買ったんだわ
この解決法をちゃんと理解してたらわざわざ買わなくて済んだんじゃないかとちょっと後悔
いや、過去を振り返るな俺!今は千数百円の事を気にしちゃいけない

コメント:0 トラックバック:0

ぐぬぬ… そんなものは、ない
コメント一覧
 
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
 
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。