Debris from a comet
彗星の塵のようにちっぽけなチラシの裏ブログ
2017/04 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/06


--/--/--(--) スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009/03/15(日) 自由帳
鳥山センセ…別次元のものとして観賞しても無理でした
DBE
まぁ…その何だ、前評判に違わぬ出来にある意味安心(?)したというか
シナリオのネタバレを気にしない人は忍之閻魔帳に最後までのネタバレが載ってるのでそちらをどうぞ

いやー、酷かった
何が酷いって最初っから最後まで酷かったよ
初っ端のの『ピッコロの手下の大猿』ってナレーションにいきなり吹き出しそうになったぜ
ベジータが聞いたら怒り狂ってファイナルフラッシュ撃たれるな

その大猿なんだけど、なんと固有名詞だったりする
大猿を「Ozaru」って呼んでたからな!
てっきり「Giant ape」とか「Big monkey」とか言うと思ってたのに…吹き替えだったら絶対気付かなかっただろうな
そんな事よりこの大猿、身長が悟空と変わらなかったんですけど…
いや、少しは変わったかな?それでも2メートルもなかったんだ
大猿つったら人間を軽く踏み潰せるくらいデカイはずなのに、どこが大猿なんだよ!!

チチに対する下心で気を習得したこの悟空は間違いなく筋斗雲に乗れないね、筋斗雲出ないけど
ブルマ役の人って俺より年下だったんだな…化粧があまりにもケバくて「なにこのババァ」とか素で思っちゃった

他にもかめはめ波を除細動器みたいに使うシーンとか、原作よりも小者臭が漂うヤムチャとか見ていて辛いところは山のようにあったんだけど、一番辛かったのは上映が始まった途端うんこに行きたくなった事だな
いや~もう我慢するのが大変だった

でも、こんな映画でも30人近く観に来てたんだぜ…この人たち頭のネジが緩んでるとしか思えないよ!
日曜の昼間に実写版ドラゴンボールを観に来る親子連れとかカップルとか、絶対に来るとこ間違ってる

この実写化で不幸なのは原作者はもちろんだけど、吹き替えを担当した声優さんもだよなぁ…

早いとこ地上波で放送して、お茶の間を阿鼻叫喚の渦に巻き込んでもらいたいと思った1本でした

コメント:0 トラックバック:0

拍手返信のみです どーなつ きゃんでぃー
コメント一覧
 
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
 
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。