Debris from a comet
彗星の塵のようにちっぽけなチラシの裏ブログ
2007/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2007/10


--/--/--(--) スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009/03/01(日) 自由帳
20年
今日は小学校の120周年記念式典があるってんで出かけてきました
メインは100周年の時に埋めたタイムカプセルの開封
会場に着いてから懐かしい面々に会い、近況を話しながらタイムカプセルの中身を見てきました
タイムカプセルの中身は制服などの資料的なものに、当時の在校生が書いた「100周年の思い出」とか「20年後のぼく、わたし」といった文集
自分の書いたものは持ち帰る事もできたんですが、俺は自分のを読んだ後そっと元に戻してその場を後にしました
なんかね…こう…穴掘って埋めたいというか俺が埋まりたいというか
こういったものを『懐かしい思い出の品』と思えるか、『黒歴史』としたいかが境界線なんだなぁと思ったりして…ね
まぁ同級生の近況も知る事ができたし、結果的に行ってよかったと思う事にします

しかし、もっと子連れが多いかと思ったらそうでもなかったな

コメント:0 トラックバック:0

意外と不便だった 2月の終わり
コメント一覧
 
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
 
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。