Debris from a comet
彗星の塵のようにちっぽけなチラシの裏ブログ
2007/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2007/10


--/--/--(--) スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009/01/08(木) 自由帳
これ人災ですよ
ドラマのQ.E.D.を見て、その出来に具合が悪くなった
原作と比べて異様に背が高い燈馬の時点で『この配役はどうよ』と嫌な予感がしたんだけど、ここまでアレだとは…
1トリック暴いただけで犯人が自供するのはQ.E.D.の展開じゃねぇ!
もっとちゃんとロジック展開しろよ…今回のだって燈馬が電話かけて犯人の反応みるシーンをカットしたせいで推理に説得力がなくなったし
あとパラシュートに仕込んだマルファンクの確率50%ってなんだよ
そこは「怖けりゃ交換してやるよ」「マルファンク位ベテランなら自分で直せる、これで証拠は消える」だろう
マルファンクといえば、可奈が「燈馬君の心がマルファンクション」とか失笑モノのセリフはいてたな
可奈はそんな言葉言わないし、仮に言ったとしてもその時点で頭から湯気が出てるっての
燈馬は燈馬で「いつかQEDできるのかな」とか気持ち悪い事言ってるし
演出も脚本もうんこ以下だよ
来週は銀の瞳か…好きな話なんだがこの調子だとやっぱり酷い事になりそうだな
見るけど

コメント:0 トラックバック:0

黒往生実績判明 ヲヤスミ、ケダモノ。
コメント一覧
 
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
 
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。